CRF125F MakerSite
★CRF450Rの流れを汲む精悍なスタイリング
確かにカッコ良いですよね。
されど、
★電子制御燃料噴射装置「PGM-FI」
というシステムで、
★全域での力強い走りと扱いやすさを両立。さらに低・中速域の粘りのある走りを実現。
って、本当に空冷4ストローク125ccで可能なのでしょうか?
★十分なストローク量を確保したインナーチューブ径φ31mmのテレスコピック式フロントサスペンション&分離加圧式ダンパー採用プロリンク・リアサスペンション
には少し期待しています。
 
CRF125F(BC owned)
ガツガツに弄るのではなく要所要所といった感じでモデファイしたいなと思っています。
弄り過ぎると、ただのCRF150R真似っこモデルとなってしまいますからね。
カテゴリーでポテンシャルでリスクで、ストイックなのかエンジョイなのか、違いは明確にしておきたいところですよね。
上限があるからこそ楽しいモデル=CRF125Fなのだと思います。
CRF125F装着カスタムパーツ
ネオプレンフォークレッグゲーター
その名も「NEOPRENE FORK LEG GEITERS=ネオプレンフォークレッグゲーター」なる一品なのですが、分かりますか?
正立サスペンション用のインナーチューブカバー(ガード)、フロントフォークのカバー(ガード)の事です。
飛び石による傷付き防止に砂埃避けに錆防止って事で、ネオプレーン素材だから水分が全く入らないとか湿気ないとかって事ではないのでメンテナンスも忘れずに。
 
CRF125Fインプレッション