FREERIDE 350/250R
CLOSE
AFTER SERVICE
TESTING BIKE
CONTACT US


FREERIDE 350 MakerSite
FREERIDE 250 R MakerSite

Important
FULL POWER
&
AKRAPOVIC SILENCER


モトクロスビレッジ貸切走行会

BC:イベント動画
ENJOY OFFROAD
 2016.3.26 初級/ミドル/EX
 2015.3.21 キッズ&ミニモト
 2015.3.21 初級クラス
 2015.3.21 ミドルクラス
 2015.3.21 なんちゃってEX
KTM FREERIDE 350
メーカー希望小売価格 (本体価格:消費税8%込) 950,000円
扱いやすく、トラクション性能の高い4ストロークエンジンを搭載する車体は、わずか99.5kg。トライアルモデルなみに高い走破性をもちながら、長距離を快適に走れるオールラウンダーだ。2015モデルではプレーンタイプのコンロッドベアリング、新設計ピストン、クラッチバスケットを採用、信頼性と耐久性をさらに高めている。ストリートからトレイルまで、地球上のすべての地形を楽しみ走破できるユニークな「遊び専用」モデル、それが KTM FREERIDE 350だ。
KTM FREERIDE 250R
メーカー希望小売価格 (本体価格:消費税8%込) 850,000円
アイドリングでも軽々と坂を上っていく、極太トルクをもつ2ストロークエンジン。超軽量な車体とトルクフルなエンジンで、これまでのオフロードバイクでは考えられなかった地形にチャレンジできる。それでいて、ライディングフィールドまで自走するような長距離ライディングも可能な快適性をも備える、2015モデルはスターターギアを変更して、始動性を向上。さらに、超軽量なリチウムイオンバッテリーも採用した。冒険心をもつライダーに贈る、究極のプレイバックだ。
当社販売価格:722,500円(本体価格税込)

不確かな情報ではありますが、2017年モデルとしてのFREERIDE250Rが発売されないのでは?
世界的に2サイクル一般公道走行可能モデルがNGに・・・KTMも例外ではないようです。
そこで、自分用(お店の活動用)として保管しておいた(デビューのタイミングを計っていた)2016年モデルを販売する事にしました。
FREERIDE250Rならではの世界観で楽しく遊びたいと思っている方がおられましたら、この機会に是非ご検討下さい。
 自分用に隠していたFREERIDE250Rを店頭に・・・
FREERIDE250Rカスタム (BCRT members owned)
BCでも4ストFREERIDE350を試乗車としていた(多少レースにも)時がありましたが、今回は2ストFREERIDE250Rの出番と相成りました。
と言いましても、BC試乗車としてではなくBCRTメンバーがオーナーとなってです。
その辺りの経緯は下記のブログを参照して下されば・・・
別として、貴方はFREERIDE4スト派?それとも2スト派?
トータルのバランスと安定感から言えば前者の様な?ワクワク感を重視するなら後者なのかも?
私個人の素直な感想としてはFREERIDR250Rは”あり”ですね。
装着カスタムパーツ
装着パーツ云々に関しましてはブログを参照して頂いた方が分かり易いかもも知れませんのでリンクしておきます。
2016年のJNCCはFREERIDE250Rで・・・
続編・・FREERIDE250R
ステアリングダンパーに更なる注意点が・・・
ステアリングダンパー要加工!?

まだまだありますFREERIDE250Rのパワーパーツ
FREERIDE250R/350 インプレッション